範朗★idol

美川憲一公認アイドルユニット“オダマリーず”時代の範朗




アイドルに憧れた十代。



でも最初にお世話になったプロダクションの社長に『お前は、歌手の声じゃないし、アイドル歌手向きじゃないから、俳優になれ』と言われ、ふて腐れて俳優活動をしてた範朗。





でも、ふて腐れて始めた俳優活動も楽しさ、充実感を味わい芝居に猪突猛進に取り組んだ。




そして、アイドル年齢を過ぎまくった、ある時、大手のレコード会社からアイドルグループとしてCDをリリースしました。



でも売れませんでした。




最初にお世話になったプロダクションの社長の言うことは、本当だったなと思いました。




でも人生って、何があるか、わからない。




だから、人生って面白い。




だから、範朗は、生きているのかもしれません。

範朗★TERROIR

PLAYER★範朗(norio) official 

0コメント

  • 1000 / 1000